うつ病とはなんだろう|適切な治療をうけ早期解決につなげる方法

女の人

重症度の種類

悩むウーマン

うつ病とは基本的に精神状態や身体的に突如、不調が現れる病気です。うつ病とは重症度によって分けられ、軽症・中等症・重症の三つに分けることができます。この重症度はどのように決定されるのでしょうか、なぜ重症度を分けるのでしょうか。例えば医師との話の中で「うつ病のかるいやつです」「重度のうつ病かもしれません」こんな言葉を言われたことありませんか?この重症度について探ってみたいと思います。まず軽症のうつ病ですが、日常生活や仕事もなんとか支障がなく行えている状態の事です。また軽症であるために周囲に気づいてもらえず、人によっては怠けて見えるようになる事もあります。本人はつらい気持ちと戦っているので周囲の早めのサポートが必要となってきます。次に中等症ですが、うつの症状が日常生活にも支障が出はじめてる状態で、仕事や学校にも影響が出てきます。遅刻や早退が目立ち始め、周囲も異変に気付き始めます。最後に重症のうつ病ですが、日常生活に大きな影響が出始め、普段の生活を送ることが困難になってきます。仕事に行こうと思っていても体が動かず、顔を洗う事や食事をする事さえもできず無気力になってきます。部屋を出ることも困難になり、こもりがちになってしまいます。この状態を放置すると自傷行為や入院しないといけなくなるかもしれません。うつ病の重症度は、ざっくりと言えばこんなイメージです。このように医師は重症度を決めて分類することで治療計画を立ててその人に合った治療をすすめていきます。ふつうの病気ではその重症度を数値で判断することができます。例えば血液検査で、ある項目の数値が高かったり低かったりするのは、数字ではっきり現れるので病気と診断しやすいです。ですがうつ病とは心の病気なので、心にどのぐらいの影響が出ているかどうかでしか判断ができません。その病気のつらさは本人にしか感じ取ることができません。うつ病とは重症度を正確に計測することができない病気のため、医師による問診が重要になってきます。