うつ病とはなんだろう|適切な治療をうけ早期解決につなげる方法

女の人

初診と問診

カウンセリング

うつ病とは初診が大変重要です。はじめての心療内科や精神科を受診するときどんな雰囲気で、何を聞かれるのでしょうか。なんだか少し構えてしまいますよね。基本的には風邪をひいたときに病院へ行って聞かれることと特に変わりはありません。うつ病とは心の病気で目に見える症状が少なく判断材料になるものがほとんどありません。そのためうつ病の診断には、患者の精神状態や性格を知るために問診が中心となっていきます。初診となると特に問診が長時間行われます。うつ病である心の病気だと確定するために判断材料を集めていきます。このときに医師との信頼関係を築くことも大切ですので、患者は医師を心から信用し素直に正直に話をしてください。もしここで初診が短時間であった、適当な扱いをされた、少しでも引っかかるような医師であれば注意が必要です。信頼関係第一なので他の病院をあたっても良いでしょう。初診でよく聞かれる質問が、今一番困っていることはなんですか、気分転換するような何か楽しいことはありますか、一日のうちに一番調子が悪い時間帯はいつですか、人と話をすることは苦手ですか、食欲はありますか、夜眠ることはできますか、いつから落ち込んだり、不安になったりするようになりましたか、このようにいくつもの質問をされますが、これらの質問をすることで医師は、発症の契機、病前の性格、既往歴、家族構成、生活力などの確認をしていて、人それぞれに見合った治療計画を立てて薬の種類を確定させていきます。これらの目的を詳しく見ていきましょう。発症の契機とはうつ病を発症したきっかけを知る事が目的です。環境的な要因なのか、遺伝的な要素なのか、人とのコミュニケーションによるものなのか、なにかがあって心身の疲労が原因なのか、などを詳しく確認することで今後の治療方法を固めていきます。病前の性格では、うつ病になりやすい性格なのかどうかを知る事が目的です。既往歴とは過去にかかったことのある病気や健康状態のことです。もしかしたら過去の病気が原因でうつ病を引き起こしている可能性もあるからです。すでに何かしらの病気にかかっている場合は、処方できない薬もあるので医師はしっかり確認をとってくるでしょう。家族構成ですが、うつ病とは遺伝的要素で発症する可能性もあると言われているのでしっかりと話をしておきましょう。例えば自分の親や子供がうつ病を発症したことがあるとすれば、本人がうつ病を発症する可能性はそうでない人の二倍から三倍だと言われています。うつ病とはすべて遺伝が関係するわけではなくうつ病の要因の一部分であることは理解が必要です。最後に生活歴です。出生したときか親にどういった育て方をされたか、自分が就職しどういった人間関係を築きどんな仕事をしていたか、結婚をして順調な生活を送っているのか、といったように細かく話をします。トータルで三十分以上かけてじっくり問診をします。その結果と症状によって治療が始まっていきます。